CASE症例紹介

大人の矯正症例紹介

当院の矯正治療は様々な症例に対応ができます。
これまでに行ってきた症例の一部をご紹介いたします。

叢生

治療前

治療後

治療詳細 歯と骨との大きさがあわないため、歯の生える隙間が不足し凸凹になる。乱杭歯ともいわれる。 歯の幅が大きく土台となる骨からはみだしている為、歯列の幅を広げたり、歯と歯の隙間を広げる、歯を抜いて隙間を作るなど行い噛み合わせと歯並びを整える。
治療期間 2年程度
費用 80万~90万程度
リスク 矯正装置装着後まれに歯に痛みを感じることがあります。
副作用 治療中はまれに歯肉退縮や歯根吸収を起こす場合があります。

上下顎前突

治療前

治療後

治療詳細 上下の前歯のずれ、また上下の顎の前後のずれにより上の前歯が多く出ている歯並び。
治療期間 2年程度
費用 80万~90万程度
リスク 矯正装置装着後まれに歯に痛みを感じることがあります。
副作用 治療中はまれに歯肉退縮や歯根吸収を起こす場合があります。

空隙歯列弓

治療前

治療後

治療詳細 顎骨が大きすぎたり顎骨に比べ歯幅が狭い。 また歯冠の形態の異常、舌癖などにより歯列が前方や側方に広がりすぎることにより、歯間部に隙間が生じる歯並び。
治療期間 2年程度
費用 80万~90万程度
リスク 矯正装置装着後まれに歯に痛みを感じることがあります。
副作用 治療中はまれに歯肉退縮や歯根吸収を起こす場合があります。

開咬

治療前

治療後

治療詳細 歯の延び具合や上下顎の骨の形態によりおこり、奥歯は咬むが、前歯は空いて咬まない歯並び。
治療期間 2年程度
費用 80万~90万程度
リスク 矯正装置装着後まれに歯に痛みを感じることがあります。
副作用 治療中はまれに歯肉退縮や歯根吸収を起こす場合があります。

顎変形症

治療前

治療後

治療詳細 上下の顎骨の前後左右のずれが大きく、矯正治療と外科手術の併用を要する歯並び。
治療期間 2年程度
費用 80万~90万程度
リスク 矯正装置装着後まれに歯に痛みを感じることがあります。
副作用 治療中はまれに歯肉退縮や歯根吸収を起こす場合があります。

子どもの矯正症例紹介

当院の矯正治療は様々な症例に対応ができます。
これまでに行ってきた症例の一部をご紹介いたします。

交叉咬合

治療前

治療後

治療詳細 歯列弓の側方拡大、唇側拡大→拡大床、クワッドヘリックス、バイヘリックス 年齢により使用装置は変わります。
治療期間 2年程度+混合歯列期間
リスク 装置装着後まれに歯に痛みを感じることがあります。
副作用 治療中はまれに歯肉退縮や歯根吸収を起こす場合があります。

叢生

治療前

治療後

治療詳細 歯列弓の側方拡大、唇側拡大→拡大床、クワッドヘリックス、バイヘリックス
治療期間 2年程度+混合歯列期間
リスク 矯正装置装着後まれに歯に痛みを感じることがあります。
副作用 治療中はまれに歯肉退縮や歯根吸収を起こす場合があります。

上顎前突

治療前

治療後

治療詳細 上顎前歯の舌側(後方)移動→症装置 MFT(筋機能訓練装置) 第一大臼歯遠心移動 上顎骨発育抑制→Face bow
治療期間 2年程度+混合歯列期間
リスク 矯正装置装着後まれに歯に痛みを感じることがあります。
副作用 治療中はまれに歯肉退縮や歯根吸収を起こす場合があります。

開咬

治療前

治療後

治療詳細 歯の延び具合や上下顎の骨の形態によりおこり、奥歯は咬むが、前歯は空いて咬まない歯並び。 歯列弓の側方拡大→拡大床→クワッドヘリックス 舌癖防止→タンクガード
治療期間 2年程度+混合歯列期間
リスク 矯正装置装着後まれに歯に痛みを感じることがあります。
副作用 治療中はまれに歯肉退縮や歯根吸収を起こす場合があります。

下顎前突

治療前

治療後

治療詳細 下顎発育制御→チンリトラクター 上顎骨前方牽引装置→フェイシャルマスク 上顎前歯の唇側拡大→リンガルアーチ 症装置 MFT(筋機能訓練装置)
治療期間 2年程度+混合歯列期間
リスク 矯正装置装着後まれに歯に痛みを感じることがあります。
副作用 治療中はまれに歯肉退縮や歯根吸収を起こす場合があります。