PEDIATRIC子どもの矯正

子どもの矯正

成長に合わせた無理のない治療

小児の不正咬合の原因には、上下顎骨の発育の不調和、歯列の形態異常、悪習癖(嚥下、舌突出、指咬み、口呼吸他)などがあります。
これらの異常から、食べ物がよく噛めない、言葉がはっきり言えない、口が歪んで開く、口が開きにくいといった障害が生じ、健全な顎の骨の成長、発育を望むことができません。また歯並びの悪さから歯磨きがうまくできず虫歯になり易くなり、歯肉炎、口臭の原因にもなります。当院は、矯正装置(拡大装置、床矯正、セクショナルアーチ等)と、口腔筋機能療法(MFT)により不調和を改善し、上下顎骨の成長を正常な方向・状態へと導いていく治療を行っています。

子どもの頃に矯正を行うメリット

  • 抜歯の可能性が少ない
  • 虫歯になりにくい
  • 歯がうごきやすいので痛みが少ない
  • 歯並びのコンプレックスが解消される
  • 発音や呼吸法が改善される

治療方法

様々な歯並びに対応できます

どのような歯並びでもまずはお気軽にご相談ください。

  • 歯のでこぼこ

  • すきっ歯

  • 噛み合わない

  • 出っ歯

  • 受け口

  • 噛み合わせが悪い

拡大床

拡大床は床矯正とも呼ばれています。拡大床のほとんどは、装置に着いているネジを回して徐々に顎を広げ、歯を動かしていく矯正装置です。

クワッドヘリックス

歯の裏側より、歯列を側方へ拡大する装置です。拡大速度は拡大床装置と急速拡大床装置の中間ぐらいです。

リンガルアーチ

歯の裏側にそったアーチにスプリングを接合し、スプリングの弾力を利用して歯を目的の方向へ動かします。

タングガード

舌が前に出るのを防ぐ装置です。上下の前歯が噛み合う環境をつくる効果があります。取り外しが可能な装置です。

症例紹介

交叉咬合

治療前

治療後

治療詳細 歯列弓の側方拡大、唇側拡大→拡大床、クワッドヘリックス、バイヘリックス、年齢により使用装置は変わります。
治療期間 2年程度+混合歯列期間
費用 40万円程度
リスク 装置装着後まれに歯に痛みを感じることがあります。

治療の流れ

  • 1.初診相談
    現在の歯並びの状態についての説明と相談、治療に対する希望などを伺います。
  • 2.観察
    適切な矯正治療の時期が来るまで、歯や顎の骨の成長や、ブラッシングの方法も見ていきます。
  • 3.精密検査
    歯型の採得、口の中と顔の写真撮影、レントゲン(セファロ、オルソパントモ、顎関節)撮影をします。
  • 4.診断
    検査で得られた資料をもとに分析・診断を行い具体的な治療法を決定します。
  • 5.治療開始
    3~4週間に1度来院していただき、矯正装置作製の準備・装着、矯正装置、器具の調整をします。
    ブラッシング指導、筋機能訓練等を必要に応じて行います。
  • 6.保定
    歯を動かした後は後戻り防止のため保定装置を使い歯並びを落ち着かせていきます。

費用

相談 3,000円
観察 3,000円
精密検査 50,000円
診断 30,000円
一期治療 400,000円
二期治療 400,000円

※費用は全て税別です。

医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日に10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
申告し忘れても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができます。
申告の際に必要な書類や医療機関から受け取った領収書、通院の際にかかった交通費・費用の領収書などは大切に保管しておきましょう。詳しくは下記国税庁のホームページをご覧ください。

日本矯正歯科学会では
《矯正歯科治療に伴う一般的な
リスクや副作用について》
を以下のようにまとめています。

  1. 1

    最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。

  2. 2

    歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。

  3. 3

    装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。

  4. 4

    治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まります ので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。 また、歯が動くと 隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。

  5. 5

    歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること があります。

  6. 6

    ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。 

  7. 7

    ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。

  8. 8

    治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。

  9. 9

    治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。

  10. 10

    様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。

  11. 11

    歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。

  12. 12

    矯正装置を誤飲する可能性があります。

  13. 13

    装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する 可能性があります。

  14. 14

    装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。

  15. 15

    装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。

  16. 16

    あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。

  17. 17

    治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。

  18. 18

    矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。