ORTHODONTIC大人の矯正

大人の矯正

歯並びの改善は
見た目だけではなく
様々なメリットがあります

上下顎の永久歯が萌出し終えた頃から、矯正治療に必要な健全な歯と骨(歯周組織)があれば年齢を問わず矯正治療を行うことができます。
上下顎の咬合の障害を取り除き臼歯の噛み合わせや歯並びを治せば歯周病や顎関節症の予防や改善につながります。
矯正治療を行うことで、よく噛んで美味しく食べることができ笑顔にも自信がもてるようになります。

矯正治療を行うメリット

  • 笑顔に自信が持てる
  • 顔のバランスが整う
  • 発音が正しくキレイになる
  • 虫歯や歯周病予防になる
  • 頭痛や肩こりが改善される可能性がある

治療方法

様々な歯並びに対応できます

どのような歯並びでもまずはお気軽にご相談ください。

  • 歯のでこぼこ

  • すきっ歯

  • 噛み合わない

  • 出っ歯

  • 受け口

  • 噛み合わせが悪い

ブラケット矯正

主流の装置で、ブラケットという留め具とワイヤーを使用して歯を動かします。
当院では、審美性にこだわり、ブラケットはプラスチックやセラミックなどの目立ちにくい色のものを使用しています。

リンガル矯正

リンガルブラケット装置は歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着する装置で、歯の表面にブラケットをつけることに抵抗がある人、見た目が気になって矯正に踏み切れない人に適しています。

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは“アライナー”という透明のマウスピースを使用する方法です。約2週間毎に新しいアライナーに交換しながら1日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます(アライナー交換の期間や装着時間等は症例によって多少異なります)。他の矯正法とは違い装置が取り外し式で、ブラケットやワイヤーも装着しないので目立ちませんが、多くの場合、歯を抜かなくても済むような比較的簡単な矯正治療にしか適用できません。
通常のブラケットとワイヤーを使った治療を併用する場合もあります。

症例紹介

下顎前突

治療前

治療後

治療詳細 上下の前歯のずれ、また上下の顎の前後のずれにより下の前歯が出ている歯並び。
治療期間 2年程度
費用 40万程度
リスク 矯正装置装着後まれに歯に痛みを感じることがあります。
副作用 治療中はまれに歯肉退縮や歯根吸収を起こす場合があります。

治療の流れ

  • 1.初診相談
    現在の歯並びの状態についての説明と相談、治療に対する希望などを伺います。
  • 2.精密検査
    歯型の採得、口の中と顔の写真撮影、レントゲン(セファロ、オルソパントモ、顎関節)撮影を行います。
  • 3.診断
    精密検査で得られた資料をもとに分析・診断を行い具体的な治療方法を決定します。
  • 4.治療開始
    3~4週間に1度来院していただき、矯正装置作製の準備・装着、矯正装置、器具の調整をします。
  • 5.保定
    歯を動かした後は後戻り防止のため保定装置を使い歯並びを落ち着かせていきます。

費用

相談 3,000円
観察 3,000円
精密検査 50,000円
診断 30,000円
ブラケット矯正 750,000円
ホワイトブラケット矯正 800,000円
裏側(リンガル)
矯正
1,050,000円~1,250,000円
マウスピース矯正 700,000円~800,000円

※費用は全て税別です。

医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日に10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
申告し忘れても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができます。
申告の際に必要な書類や医療機関から受け取った領収書、通院の際にかかった交通費・費用の領収書などは大切に保管しておきましょう。詳しくは下記国税庁のホームページをご覧ください。