BLOGブログ

当院の今後の感染防止対策について

コロナの影響もあり、患者様から今治療を受けるべきかどうかというお声をたくさん頂きます。
虫歯や歯周病はもちろんの事、治療するべき歯を我慢しているとどんどん進行が進み症状が重症化する恐れも出てきます。
皆様に安全に、安心して治療を受けて頂く医院作りを心掛け今後も下記の感染対策を継続して行って参りす。
患者様におかれましてもご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

①来院患者様の症状確認、体温チェック、マスクの着用
感染兆候がみられる方に関しては診療を次回に延期させて頂きます。

②アルコール消毒の設置、環境消毒

院内に出入りする全ての方にアルコール消毒を行っております。
待合室、診療室への扉や診療チェアーはその都度アルコール消毒を行い、定期的に換気を行います。
ビル内設備の換気システムも備えてあるので常に換気できます。

③徹底した予約管理、受付
治療がスムーズに行えるような予約管理をしております。
感染予防の為、保護シートを張るなど
パーソナルスペース確保と待合室での待ち時間を少なくするため
ご希望の方は診療室内でお約束、お会計して頂く事が可能です。









受付内のさらなる空気清浄と安全の為、全国4500以上の医療機関で設置されている、ウイルスの1/6の大きさの0.0146μmの微細粒子をまで除去できるAirdog を導入いたしました。


④診療室内の滅菌消毒

スタッフは可能な限りサージカルマスク、ゴーグル、フェイスシールドといった個人防護具を身に着けます。












治療毎にグローブ交換、手指消毒、手洗いを心掛けています。
診療に用いる器具は1つ1つ滅菌パックし、診療の都度滅菌パックから開けて使用します。












治療中の粉塵対策として常に口腔外バキュームを使用しています。












さらなる院内の対策として、オゾンを用いて除菌脱臭を行うエアバスターを導入致しました。
全国の救急車にも搭載されており空気中の浮遊物やドアノブの付着菌まで有効といわれ、新型コロナウイルスの不活性化も確認されました。



歯を削るときに使用するハンドピースは唾液や血液を吸い込む最も危険な感染源の1つです。

使用毎に必ず滅菌消毒し、治療毎に滅菌された新しい物を使用します。












1つ1つ診療終了ごとにチェアー、水周りを丁寧に消毒を行います。












世界最高基準のクラスBの滅菌機と高速滅菌機の2つを用いて感染予防を徹底しております。