BLOGブログ

入れ歯の種類

レジン床義歯

レジンというプラスチック素材でできた、最も一般的な入れ歯です。保険適用で作ることができ、修理も簡単ですが、分厚いため装着時に違和感があり、食べ物の温度も感じにくいというデメリットがあります。

金属床義歯

歯肉にあたる床の部分がチタンやコバルトクロムなどの金属でできた入れ歯です。
薄くできており装着時の違和感はほとんどありません。
また、食べ物の温度も感じやすく、自分の歯と同じように食事を楽しむことができます。保険適用外のため自費診療となります。

ノンクラスプデンチャー

金属を使用しない目立たない固定装置です。軟性樹脂を使用した入れ歯の固定装置で留め金がなく目立ちません。ただし、少ない本数の場合や、見た目専用の用途に限ります。

精密重合レジン義歯

精密重合レジン(樹脂)を使用した精密義歯です。部分入れ歯の固定装置には、機能性の高い様々な形状の「メタルクラスプ」を使用します。

テレスコープシステム

①機能性、②審美性、③快適性を兼ね備え、残った歯が抜けるのを予防する固定装置です。残った歯に「内冠」を被せ、その上から「外冠」のついた入れ歯を装着し二重冠でぴったり固定します。
※精密義歯との組み合わせとなります。