BLOGブログ

保険治療と自費治療の詰め物・被せ物の違い

保険治療と自費治療で何が違うのかご存じですか?

むし歯の治療完了後、詰め物・被せ物にて、形、機能、審美回復を行います。
詰め物・被せ物にも保険適応・自費適応など色々な種類があります。
保険治療は国が定めた治療方法を用いて国が治療費を負担して行うもので、金属(金銀パラジウム合金)等の低コストの材料を用いています。審美的にも良くはありません。 近年のデータによりますと、保険治療の交換目安は平均5~6年という結果が分かりました。たとえ部分的な小さな詰め物や被せ物でも、5~6年のスパンで取り換えていくと本来の歯が削ってどんどんなくなってしまいます。やがて大きく全て被せるものに変化していくのです。 一方自費治療は、器具や材料など全ての工程において高品質なものを使用しています。技工士さんの労力も加わりますし、精度・耐久性は非常に良くなります。より高価な分、高品質となります。

保険治療と自費治療の詰め物・被せ物の違いについて