BLOGブログ

当院のインプラント治療

正確な診査診断を行ってから
治療します

正確な検査のためのCT

インプラント治療においても、お口の状況や環境を調べるため、お口全体を診査しています。
噛み合わせや顎の運動、歯周病検査、CT撮影などを行います。特にCT画像から骨の状態や形態等を確認し、治療が始まる前のご説明の段階で、どのようなインプラントをどのように植立していくかを考えます。
通常のインプラント治療が可能なのか、神経や上顎洞(鼻の横の空間)などの制約で、アドバンスな処置が必要かを確認してから治療計画を立ててご説明します。そのためインプラント処置をお考えのすべての方にCT撮影を行っています。(CT撮影費用はインプラント治療費用に含んでいます。)

正確な診断のための
シムプラント

当院のインプラント治療は、シムプラントという3Dで構築された画像を確認しながら治療計画を立てることができるソフトを使用しています。
これにより、安全かつ無理のない精密な治療計画を立てることができます。
シムプラントにより、インプラントを埋め込む位置や角度などを確認します。
患者さま一人ひとりに理想的なインプラント治療を行うためには欠かすことのできないソフトです。

インプラントメーカーにも
こだわっています

アストラテックインプラント使用

当院は、デンツプライシロナ社のアストラテックインプラントシステムを使用しています。
スウェーデン生まれのインプラントで、ノーベルバイオケア社、ストローマン社、バイオメット社と共に、研究開発における文献が多いインプラントです。
オッセオスピードという、インプラントに細かいチタン粒子を吹き付けることでナノ構造を作り出し、骨を作る細胞が集まりやすいようにしています。